戦国史研究会



□トップ

□会の概要

□会則

□会誌
『戦国史研究』

□投稿規定

□入会案内

□戦国史研究会史料集

【会誌について】

 会誌『戦国史研究』は、当会が昭和54年に東国戦国史研究会となって2年後の昭和56年以来、年2冊ずつ刊行しています。当初は32ページで、東日本を中心にした内容で始まりましたが、現在は48ページ、内容も畿内・九州などを含む全国へと広がってきました。
 また、研究の進展に即した特別号も編集されるなど、史学史に合致したテーマや最先端の研究にも取り組んでいます。
 会員の皆様のご投稿をお待ちしております。

 なお、バックナンバーについて、事務局は一般頒布を行っておりません。ご購入は吉川弘文館へお願いします。


1〜20号 21〜40号 41〜60号 61号〜

【最新号の紹介】

『戦国史研究』75号(2018年2月)

(論文)
織田・上杉会戦への過程と展開―その政治要因の追究― 柴裕之
賀茂別雷神社文書中の丹羽長秀・織田信長文書について 金子拓
(羅針盤)
日野富子と山名宗全との連携の発端 家永遵嗣
第四次川中島合戦直前の武田氏―新出の武田信玄自筆書状から― 海老沼真治
内容が判明した大道寺政繁書状 黒田基樹
戦国史関係論文目録(平成29年1月〜6月)
例会記録/例会報告要旨
会員消息/投稿規定