戦国史研究会



□トップ

□会の概要

□会則

□会誌
『戦国史研究』

□投稿規定

□入会案内

□戦国史研究会史料集

【会誌について】

 会誌『戦国史研究』は、当会が昭和54年に東国戦国史研究会となって2年後の昭和56年以来、年2冊ずつ刊行しています。当初は32ページで、東日本を中心にした内容で始まりましたが、現在は48ページ、内容も畿内・九州などを含む全国へと広がってきました。
 また、研究の進展に即した特別号も編集されるなど、史学史に合致したテーマや最先端の研究にも取り組んでいます。
 会員の皆様のご投稿をお待ちしております。

 なお、バックナンバーについて、事務局は一般頒布を行っておりません。ご購入は吉川弘文館へお願いします。


1〜20号 21〜40号 41〜60号 61号〜

【最新号の紹介】

『戦国史研究』76号(2018年8月)

(論文)
若狭武田氏における「国家」 笹木康平
天正後期の細川信良と長宗我部氏の関係―細川信良書状の分析を通して― 山下知之
(羅針盤)
松平元康の岡崎城帰還 丸島和洋
足利義輝側近進士晴舎と永禄の変 木下昌規
元亀年間の斎藤龍興の動向 木下聡
武蔵国岡上村の名主免と定使給 池上裕子
戦国史関係論文目録(平成30年7月〜12月)
例会記録/例会報告要旨
会員消息/投稿規定